Less is more

暮らしについて考えてみた

ヒビノコト

アタラシイ革

今期の新色も含めた鹿革が到着しました。 くらしごとの革は、東京墨田区にある一般社団法人やさしい革へお願いをし鞣して頂いています。 「はじめよう、やさしい革のある暮らし」をテーマに、「やさしさ」に包まれた消費文化を育成しよ…

コーヒー、煎る。

週末のイベントに向けて、コーヒー豆を煎りました。 毎年恒例の地域の「桜祭り」、くらしごとの4周年として参加させて頂きます。 今年のコーヒー豆は「ブラジル モンテ・アレグレ ナチュラル」。 七輪での炭火焙煎、ロケットストー…

米、を作ります。

今年から米作りを始めます。 家のすぐ横の休耕田、3畝ほどです。 子どもたちにも手伝ってもらい、塩水選から温湯消毒、浸種まで終わらせました。 小さな田んぼなので、手植えです。 さてさて、うまくいくのだろうか。

かわ、皮、革。

かわ、皮、革。

くらしごとで使っている革は、地元産の貴重な鹿革です。 私の暮らす山里には、人の作る畑や田んぼに悪さをする鹿や猪、猿が出没します。 みんなネット柵や電気柵で田畑を囲って対策をしています。 それでも獣たちは次から次へとやって…

木工と革細工、くらしごと。

木工と革細工、くらしごと。

初めまして。 ブログを始めようと思います。 色川という和歌山の山あいの集落で、木工と革細工をしている「くらしごと」です。屋号の「くらしごと」とは、暮らしと仕事が寄り添い合うライフスタイルを表現しています。 くらしごとで取…

通販はじめました。

遠方にお住いの方にも商品をご購入いただけるよう通販をはじめました。 まだまだ商品数は少ないですが、少しずつ増やして行ければと思います。 各商品をクリックしていただくとオンラインストアのページが開きます。 ごゆっくりお買い…

革細工はじめました。

くらしごと×地革 「革細工はじめました。」 地革とは? 全国的に深刻さを増す「獣害」。野生の鹿や猪、猿による畑、田んぼ、果樹への被害は、ここ色川でも大きな地域の課題となっています。でも、ここ2〜3年若い猟師が増えてきたこ…

くらしごと文庫

6畳ほどのくらしごとの店内に、小さな図書館が併設され、絵本や児童書など250冊が所狭しと並んでいます。「地域で子どもを育てたい」「子どもたちがここで豊かな読書体験をしてほしい」という思いのもと文庫活動をスタートさせました…

木工、革細工・・・

木工、革細工・・・

木にはぬくもりがあります。 あなたの暮らしの中に木の道具はいくつありますか。できることなら国産の木を、そして作り手の見える道具を使ってみませんか。木の道具を使うその手にぬくもりを、使うことが楽しみになるような心のぬくも…

暮らしに寄り添う仕事

暮らしに寄り添う仕事

くらしごとについて 地域で採れた木材を使って日用品を作っています。ぬくもりのある「木」をもっと身近に、より気軽に暮らしに取り入れてもらいたいと考えています。その土地で採れたもの、素材、古くからあるものを生かしたものづくり…